GIAPSAは、国際相互理解の促進とアジアの国の人々の貧困や飢餓の撲滅、自助努力による自立と持続可能な発展の達成に向けた、経済協力、技術協力、環境保護、社会福祉、人道援助、教育及び人材育成、人間の安全保障の向上等の支援を行う事を目的とした非営利団体です。
 
 

       


 
1.少数民族や山岳民族の保護や生活レベル向上と、持続可能な発展に向けた支援。
2.小規模農民たちに対する食糧増産と収入向上に対する支援と、食料安全保障の向上に向けた種々の取り組みに対する支援。
3.社会の底辺に生きる貧困層や援助を必要とする子供や青年達への教育や人材育成支援。
4.貧しい農村地域や都市のスラムに住む人々の持続可能な収入増加や生活レベル向上への支援。
5.自然資源や未利用食物の持続可能な有効利用(サゴヤシを含む)と環境保全、環境保護事業への支援。
6.緊急を要する人道支援に対する必要な事業。
7.国際交流活動及び国際協力活動を推進する事業。
8.関連する啓蒙活動、調査、イベント、セミナー、講演会等の企画、立案、運営、管理及び実施。
9.その他、この法人の目的を達成するための、前各号に附帯又は関連する事業。
 
 

2019/2020年度 重点・優先事業(priority activities in 2019/2020)

 
2019/2020年度は主として自己資金により、以下の現場・草の根レベルの活動に優先を置き、受益者に直接届く事業の実施を計画中です
 

1.タイの山岳地域におけるコーヒーや農業を中心とした少数民族の生活レベルの改善支援事業

 

2.バングラディシュのタンガエリ地域の遊郭街で生まれた子供たちの社会福祉や教育支援事業 

 

3.バングラディシュ、カンボディアの小規模農民グループに対する自活・自立のための支援事業

 

4.タイのマングローブの保護や植林事業(TBC)

 

5.その他

 

ハイライト

Outstanding Leader Award (community development) 受賞 

アジア自立支援機構代表理事が村落開発分野での特別指導者賞(Outstanding Leader Award 2018)を第7回持続可能な科学技術統合国際会議で受賞【2018年11月27日

https://www.meiji.ac.jp/cip/info/2018/6t5h7p00000tjlxk.html
 
 

 

Thailand Most Noble Order of the Crown of Thiland(王冠勲章)
をタイ国王より受賞(2017年8月9日)

タイ王冠勲章受賞ウエブリンク

 
最近の主要な活動・イベント

 

  • ASIADHRRA (アジア村落開発支援ネツトワーク)の上級顧問としてアジアの農民たちのグループや組合活動の支援を行う。フイリピンで2016年7月に行われた年次協議に参加する。

 

  • 5th ICIST 2016 (Integration of Science and Technology for Sustainable Deelopment )がミヤンマーで2016年11月に開催され、特別ゲストとして講演する。

 

  • ASIADHRRA主催、EU 出資のRegional Coordination to Empower Rural Development Organizations in Asia にMember of Project Avisory Committee として協力し、年次会議に参加(2018年8月)。

 

  • フィンランドのヘルシンキで行われた国際NGOの持続可能な開発に向けた集まりに参加(2018年5月)

 

  • バンコクの国連ESCAPの国際会議場で持続可能な開発をテーマに開かれた世界ユースフォーラムの支援、参加 (2018年8月)

 

  • 大学生たちを引率してバンコクのクロントイスラムで活躍するシーカーアジア財団の活動を支援・視察(2017年8月、2018年8月)

 

  • タイ北部チェンライ県メーチャンタイ村にAIPP,IMPECTの職員たちと事前調査を実施(2017年12月、2018年3月、5月)

 

  • ラオス、カンボジア、ミヤンマー等の農村部へ視察・調査(2016,17,18年)

 

  • インドネシアのバリ島において開催された7th ICISC 2018 (持続可能な科学技術 統合国際会議)において、基調講演をする【2018年11月27日)

 

  • タイ、バンコクのシーナカリンウィロート大学で開催された International Conference on Economics, Management and technology  において、世界の食糧安全保障とチャレンジ、将来の展望について基調講演をしました (2018年11月20日)
 
 
 

 メディア掲載記事の紹介

 

 THE POVIERTIST

 

  • 一粒のコメ、持続可能な消費

「私が子供のころには、ご飯茶碗にコメ粒一つ残しただけで親から叱られたものですが[…]
 

  • 経済成長、進むスラム化

日本は過疎化が進み、農業後継者不足が大きな問題となって久しいが、同じような問題が今、東南アジアの各地で起きている。[…]
 

  •  増加に転じた世界の飢餓人口

「世界の飢餓人口が再び増加に転じた」と報じた2017年9月の国連のレポートは世界に大きな衝撃をもたらした。[…]
 

  • 深刻化する「格差」問題

国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)がアジア太平洋地域における持続可能な世界共通目標(SDGs)の2030年達成に向けた進捗状況を発表した。[…]
  
 

新潟日報 オピニオン 東南アジア

 
コラム 小沼廣幸
 
 http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/neasia/
 

 若者が夢を持てる労働環境を

http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/neasia/20190203448874.html
 夢を持てる労働環境を

心の国境取り除けたら

http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/neasia/20181202436513.html
 
心の国境取り除けたら
 

思い出深いNGO活動

http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/neasia/20190106443217.html
 思い出深いNGO活動
 
 

 
 

 
     

2018年11月 新潟日報のコラムに山岳民族に関係した記事が載りました

  

 

2018年3月  チェンライ県メーチャンタイ村にて村民たちとの参加型合同協議が開催されました。

AIPPが作成した調査レポートを添付しましたのでご覧ください
MCT Profile AIPP Final_Profile_Mae_Chan_Tai.pdf
 

2018年5月  タイ北部、チェンライ県のメーチャンタイ(MCT)村に調査に行きました。

タイの山岳少数民族アカ族の村のメーチャンタイ村の村落開発支援のための聞き込み調査と事業計画を作成しました。
又、共同通信社の新聞記者チームを案内して、取材に協力しました。
 

       


 
 
社名  一般社団法人(非営利) アジア自立支援機構(GIAPSA)
所在地

 〒305-0821
 茨城県つくば市春日2-15-9

アジア拠点
(タイ)

 931/344 Baan Sathorn Chaopraya,
 Charon Nakhon Road Soi 15A, Klong Tonsai,
 Klong Sam, Bangkok 10600
 電話: 0818269279

設立  発足:2016年5月 正式認可:2018年7月
法人番号  6050005012336
役員  代表理事 小沼廣幸
メールアドレス  hiroyukikonuma@outlook.com

 
 
法人銀行口座  

 
JIAPSAは活動に賛同していただける法人・個人からのご寄付を常時受け付けています。
口座番号は下記のとうりです。
 
常陽銀行 研究学園都市支店
店番:104  普通預金口座番号:3945792
名義:一般社団法人アジア自立支援機構
 
 

定款

 
 LinkIcon定款
 

 

代表理事

 
小沼 廣幸
明治大学特任教授・アセアンセンター長。1953年、東京都出身。明治大農学部卒。筑波大大学院博士課程前期修了。農学博士。国際連合食糧農業機関(FAO)を中心に国連勤務35年。FAO事務局長補兼アジア太平洋局長を経て2015年に定年退官。2016年4月から現職。バンコク駐在
 

理事

 
野口良造 准教授 筑波大学院生命環境科学研究科
筒井哲朗 代表理事 一般社団法人シェア.ザ.プラネット
    (元シャプラニール=市民による海外協力の会 事務局長)